世界を変える5つの新技術が話題!

アンルーリーの未来学者、エレナ・コーチェロが未来をしっかりと見据えます。人々の遊び、仕事、旅行の仕方、暮らしの体験に影響を与える新技術に常に目を光らせています。エレナが選ぶ、今月の注目の5つの話題をチェックします。

computer chips

MITがAIに10億ドルを投資!

MITは最近、人工知能の未来に10億ドルもの巨額投資を行うと発表しました。これは世界でAI研究の確立を目指す機関の全ての費用をカバーできる金額です。この動きはまた、AI開発・育成競争において米国がリードポジションを取れる可能性を確実にします。現時点でAIはどのような方向にも進む可能性がありますが、MITは人間を念頭に、この技術が正しい方向に導かれるような倫理を優先します。こうしたAIへの焦点の当て方は、これまで主にAIが収益性の点で検討されてきた経緯を鑑みると、他研究機関に先駆けています。

Gillette、3Dプリント技術を使ったシェーバー発売!

米髭剃りメーカー大手のGilletteは、3D印刷技術を使って消費者がシェーバーのハンドルをカスタマイズできる新商品を発表。3Dプリンターが世に出てから数年経ちましたが、グローバルブランドがこのトライアルを始めたことは、この新技術が一歩前進したこと意味します。今年の初め、Chanelも3D印刷技術を使ったマスカラブラシの製造を開始。自宅でくつろぎながら、必要な物はすべて印刷できるようになるまで長くはかからないでしょう。つまり、Netflixする時間が増え、週末に買い物客との戦う時間は減ることになります!

Walmart、ブラックフライデーをVRで準備!

米小売大手のWalmartは、VRによるスタッフ向け研修に巨額投資し、この分野で先行しています。Oculus Gosのヘッドセットを17,000個購入し、仮想環境内において、スタッフが困難な状況に対処する研修を行いました。特別にブラックフライデーの研修プログラムを開発し、同社が1年で最も忙しい日に向けて準備を整えました。このVRシミュレーションで、スタッフは商品でいっぱいのカートやカゴと一緒にお客様が走り回る忙しい店舗で、顧客対応に当たります。WalmartがVR研修に投資を続け、そのメリットが明らかになるにつれて、多くの企業がこの新技術の採用を数年のうちに開始するようになるでしょう。みなさん、次回のスタッフ向け講習会であなたがヘッドセットを渡されても驚いてはいけません。

AIコピーライター制作の初の広告!

そうです、読み間違いではありません。AIは今や広告のコピーライティングをし始めており、自分はクリエイティブな仕事をしているから機械に置き換えられないと安心していたとしたら、注意してください!「Driven By Intuition」はAIによって書かれ、オスカー賞受賞監督ケビン・マクドナルドが撮影した、新しいLexus ES向けのCMです。このAIはIBMワトソン研究所からの視覚認識のサポートを受けて構築され、カンヌライオンズ賞受賞の車や高級品の広告作品15年分を“学習”しました。AIにはUnruly提供のエモーショナル・インテリジェンスのデータにより、これらの広告のどの瞬間に視聴者が最も強く引き付けられたかが教え込まれました。 

中国の社会信用システム、北京で実用化に向かう!

最後の話題ですが、あなたは社会的行動をベースに賞罰を受けるシステムで世界が運用されるBlack Mirrorというテレビ番組を見たことがありますか?そう、中国には今、これが実際にあるのです。まず中国東部で先行運用した後、政府は北京での本格展開を開始する決定をし、この都市の2200万の住民の行動を密接に監視するのに活用しています。この新技術はAIと監視カメラによる画像認識を使用して市民を追跡しています。しかし、バス車内に貼ってあった広告のモデル写真を、AIが現実の人と誤識してチケットを発券してしまうなど、この技術にはいくつかの問題があります…従って、モデルの方は次の契約では細かい条文をチェックするようにしてください!

今回は以上です。新技術のニュースを毎月お届けしますので、ご覧ください!