社会の多様性と広告表現 – パート1

広告表現が社会問題となり、炎上という形で批判を浴びる例が多々あります今回は、普段当たり前だと思っていること、すなわちステレオタイプや固定観念にとらわれない進歩的ブランドの社会課題に対する信念を表現した動画広告ブランド構築においての重要性ついて事例をもとにご紹介します。 

海外ではジェンダー(男女の描かれ方)と広告表現に関する動きが活発で例えば、イギリスでは性別にもとづく有害なジェンダーステレオタイプ(世間的固定概念)を生む表現は禁止すると広告基準協議会(ASA)と広告実践委員会が発表2019年6月から施行されました世界最大のクリエーティブアワードであるカンヌ・ライオンズでは、ジェンダー・イコーリティ(男女共同参画)を進める表現が、近年いくつも受賞しています。 

Unruly動画広告がステレオタイプ(固定観念)にとらわれている表現なの、またはステレオタイプにとらわれていない進歩的な表現なのかによっていかに消費者のブランドに対する好意度が変化するか、また動画視聴後の行動意向やブランド想起への影響定性分析しました。 

調査概要 

調査手法:Webアンケート 

調査対象国:イギリス、アメリカ  

調査対象者:18歳以上男女 

調査動画広告:21 

ステレオタイプにとらわれている動画の基準男女の描かれ方に対して批判があった、または英国広告基準協議会より禁止措置があった動画広告 

進歩的な動画の基準男女平等を直接的に訴えている、または従来の男女の役割にとらわれず男女を描いている動画広告  

進歩的な表現の動画広告はブランドに対する好意度が良く、購入意向も高い 

調査した動画の中で動画視聴後のブランド好意度のスコア、購入意向のスコア、感情反応のスコアがトップ10入りした動画広告すべてが「進歩的」な動画広告でした。反対にその3つのスコアが最も低い10の動画は「ステレオタイプにとらわれた」表現をした動画広告でした。今回調査た動画の中でこの指標のスコアが最も高かった動画広告はバービー人形のドリームギャッププロジェクトでした。この動画広告は、女の子に「夢と現実の差」を埋めよう、「女の子でも何にでもなれる」と呼びかけています。長年「画一的な美」を押し付けているとしばし批判されたバービーが「進歩的」なイメージを効果的に表現していることに意外性を感じた人もいるかもしれません 

Barbie –  The Dream Gap Project 

「進歩的」で男女ともに消費者の反応が非常に良かったバービーの動画広告の特徴は、感情反応活用している(「物悲しさ」や誰でも面白いと思えるよう子供を起用したメッセージの表現男女の平等と人間のポテンシャルを子供たちが訴えている意外性そして女性は5歳頃から男性よりも劣ると認識し自信を喪失し始めるという学術研究に言及するなどメッセージに真実とデータに基づいた根拠を用いることで説得力を持たせことで、ブランドこの問題に真剣に取り組んでいること表現した点でした 

今回は、進歩的な動画広告のブランド構築へのインパクトについてバービー人形の動画広告を例に、ご紹介しました。次回は、なぜ「進歩的」な表現動画広告に取り入れることがブランド構築にとって有効なのかを調査結果をもとに解説します。 

不安定な時代におけるブランドコミュニケーションとブランド構築/ブランド維持 

まだまだ先行きが不安な中、ブランドがどのように消費者とコミュニケーションをとっていくのかは、非常に難しい課題です。しかし、こんな時だからこそ消費者はブランドに前向きで明確な姿勢を示して欲しいと感じています。明確なメッセージを消費者に伝えることが出来れば、ブランディングにもインパクトがあります。 

弊社は、世界的に先の見えない不安がある中で、少しでもブランドや広告主のお役に立つようなインサイトを得るために動画クリエイティブに対する消費者の感情反応を分析する「UnrulyEQ」を活用し、調査を行っています。現状のような先行き不安な状況においても感情反応を活用し視聴者を引き込む動画広告キャンペーンはブランドが信頼を得、中長期的なブランディングに効果的なことが分かってきています。Unrulyの感情分析ツール「UnrulyEQ」は、ブランドのメッセージが消費者に意図通りに伝わっているかを確認することが可能です。最新の事例はこちらからご覧いただけます。 

UnrulyEQ調査など、弊社がお役に立てることへのお問い合わせやご質問はこちらからどうぞ。 

消費者の動画に対する反応を消費者の文化・国民性の観点から考察します。特に海外に向けた動画広告キャンペーンや海外で作成された動画広告を日本で配信する際の「壁」を打ち破るために、UnrulyEQ文化分析ツールを活用した事例をオンラインプレゼンテーションにてご紹介します。

ビデオへのアクセスはこちら。(英語版のみ)

簡単なフォームにご記入いただき「Submit」をクリックいただきますと、すぐにビデオをご覧いただけます。

こちらから、日本語版の関連記事をご覧いただけます。

弊社がお役に立てることへのお問い合わせやご質問はこちらからどうぞ。

前回に続き、今回も「ピーク・エンドの法則」に沿って人間の感情と記憶の関係を上手く活用することで、動画広告を消費者の「記憶に残す」お話しを事例を使ってご紹介します。

前回は、シンプルな物語構成を活用して「心を動かす」、そして映像での場面構成もシンプルにすることで視聴者の物語への理解度を高め「感情を揺さぶる」要素を増やすポイントを事例をもとにご紹介しました。前編のブログはこちらからご覧いただけます。

今回は、動画広告の中で複数の「感情のピーク」を用いて視聴者の感情を高め記憶に残すテクニックを事例を使ってご紹介します。

「感情のピーク」がいくつもある動画ってどんな動画?

Trebor – Give Me Strength

「ありそうな設定」で注意を引く

人間は、自分にも起こりうるような状況や見覚えのあるシーンに意識を向ける傾向があります。そのため、実際に日常で「ありそうな設定」を用いることで効果的に視聴者の心を動かすことができます。このイギリスのミンツで有名な菓子メーカーの動画広告「もう勘弁して」では、駐車場で1台なのに2台分の場所をとる迷惑な人や、電車の座席で必要以上に場所をとる人など、日常的に誰しもが経験しそうな「ありそうな設定」を面白おかしく誇張したり、より刺激的にすることで、「笑っちゃう」瞬間を生み出し複数のエピソードを使い視聴者に非常に強い感情の高まりをもたらしました。

感情が高まる瞬間にブランドが結びついている

感情の高まる瞬間がブランドとしっかり結びついていることで、どのブランドの動画広告なのかを高まる感情反応を活用して、しっかり消費者の記憶に残すことができます。上記の事例では、「笑っちゃう」瞬間があるたびに製品を登場させしっかりブランディングをすることで、「感情を高める」こととブランド名を視聴者に覚えてもらうことを実践しています。

さて、2回にわたり消費者に「感情のピーク」をもたらす瞬間を動画広告に取り入れることで、ブランディングにつながる「記憶に残す」動画広告事例をご紹介しました。「ピーク・エンドの法則」のオンラインプレゼンテーション(英語)はこちらからご覧いただけます。日本語での詳細をご要望の場合はこちらからお問い合わせください

不安定な時代におけるブランドコミュニケーションとブランド構築/ブランド維持

まだまだ先行きが不安な中、ブランドがどのように消費者とコミュニケーションをとっていくのかは、非常に難しい課題です。しかし、こんな時だからこそ消費者はブランドに前向きで明確な姿勢を示して欲しいと感じています。明確なメッセージを消費者に伝えることが出来れば、ブランディングにもインパクトがあります。

弊社は、世界的に先の見えない不安がある中で、少しでもブランドや広告主のお役に立つようなインサイトを得るために動画クリエイティブに対する消費者の感情反応を分析する「UnrulyEQ」を活用し、調査を行っています。現状のような先行き不安な状況においても感情反応を活用し視聴者を引き込む動画広告キャンペーンはブランドが信頼を得、ブランディングに効果的なことが分かってきています。Unrulyの感情分析ツール「UnrulyEQ」は、ブランドのメッセージが消費者に意図通りに伝わっているかを確認することが可能です。最新の事例はこちらからご覧いただけます。

UnrulyEQ調査など、弊社がお役に立てることへのお問い合わせやご質問はこちらからどうぞ。

今回は、誰にでもある人間の心理的な「錯覚」を理解することで動画広告を消費者の記憶に残すことが出来るというテクニックを、Unrulyが最近行った「ピーク・エンド法則」に基づいた調査事例をもとにご紹介します。

人間は、一般的に過去に起こった出来事を誤って記憶するという心理的特徴があります。この認知バイアス(認知的錯覚)を動画広告の観点から見ると、消費者は自分が観た動画広告の内容やブランド名を正確に覚えていることはほとんどないという現実があります。しかし、この記憶の誤りという心理的特徴をむしろ利用することによって、他の動画広告ではなかなかできない消費者の記憶に残すという可能性を非常に大きくすることができるのです。人間の感情と記憶の関係を理解することで、動画広告の中で感情のピークをもたらすシーンを作り、心が動かされた瞬間が記憶に残るという人間の心理的特徴を活用できるのです。

「感情のピーク」がある動画ってどんな動画?

物語構成がシンプル

有名なセレブを起用しなくてもシンプルな物語構成を活用し、視聴者に「気分が良い」、「良かった!」と思わせることで動画広告を観ている人の心を動かすことができます。このイギリスの菓子メーカーの動画広告「お母さんの誕生日」では、動画最後に女の子の母親に対する想いがお店の人の親切によって報われたという結末によって、視聴者は非常に心を動かされました。

場面(シーン)がシンプル

シンプルであることの重要性は物語構成だけではなく場面の選び方にもあります。物語の構成上で重要な場面において、特定のキャラクターに焦点を当てたりクローズアップする手法を頻繁に用いることで、視聴者の注意を引くことができ、音楽やナレーションなどを使わなくても視聴者が物語を理解しやすくなります。映像で視聴者の注意を引くことで、より記憶に残り、更に、物語を意図通りに視聴者に理解されていることで大きく「心を動かす」ことができます。また、音楽に頼らなくてもビジュアルで視聴者の理解を促すことができるのは、「無音再生」がデフォルトの環境で動画広告の配信をする場合にも非常に重要となってきます。

今回は、動画広告の終盤に物語のクライマックスを持ってくることで消費者の「感情のピーク」をもたらす事例をご紹介しました。次回は物語の中に「感情のピーク」をいくつも作ることで、消費者の記憶に残す事例をご紹介します。

不安定な時代におけるブランドコミュニケーションとブランド構築/ブランド維持

まだまだ先行きが不安な中、ブランドがどのように消費者とコミュニケーションをとっていくのかは、非常に難しい課題です。しかし、こんな時だからこそ消費者はブランドに前向きで明確な姿勢を示して欲しいと感じています。明確なメッセージを消費者に伝えることが出来れば、ブランディングにもインパクトがあります。

弊社は、世界的に先の見えない不安がある中で、少しでもブランドや広告主のお役に立つようなインサイトを得るために動画クリエイティブに対する消費者の感情反応を分析する「UnrulyEQ」を活用し、調査を行っています。現状のような先行き不安な状況においても感情反応を活用し視聴者を引き込む動画広告キャンペーンはブランドが信頼を得、中長期的なブランディングに効果的なことが分かってきています。Unrulyの感情分析ツール「UnrulyEQ」は、ブランドのメッセージが消費者に意図通りに伝わっているかを確認することが可能です。最新の事例はこちらからご覧いただけます。

UnrulyEQ調査など、弊社がお役に立てることへのお問い合わせやご質問はこちらからどう