Unruly、コロナ状況下における消費者のコネクテッドTV視聴や 広告に対する態度変容傾向を公開

全世界でブランド向けの動画広告テクノロジーを提供しているUnruly(ロンドン本社、シンガポール、シドニー、東京などの拠点。) は、コロナ状況下における、日本のコネクテッドTV(※1)の視聴に関する消費者調査の結果を2020年11月13日にサイト上で公開しました。コロナウイルスの世界的な流行から6ヶ月後の2020年9月に調査を実施しています。

本調査を通じ、コネクテッドTVが消費者の態度変容に対し、大きな影響力を持ちつつあることが分かりました。コロナウイルスの流行後、63%の消費者が、ケーブルTVや衛星放送などの有料チャンネルへの支出を減らそうと計画する一方で、インターネット経由でのTV視聴を増やした消費者は40%に達しています。

また、コネクテッドTVの視聴者は、通常のTV視聴時と比較し、広告接触後の対象ブランドに対するエンゲージメントが高くなる傾向も分かりました。

主な調査結果は次のとおりです。

・ 68%の消費者は、TVからインターネット接続が可能な状態になっており、35%は2つ以上の手段での接続が可能となっている

・ 消費者の36%が、広告収益モデルによる無料視聴可能な動画サービスを利用している

・ 85%の消費者は、有料課金でコンテンツを視聴するより、広告付きであっても無料で視聴することを好む

・ 消費者の3分の2は、衛星放送やケーブルテレビの利用料などのTV視聴に関わる費用を減らすことを計画している

・ コネクテッドTVの視聴者は、通常のTV視聴時と比較し、広告接触後の対象ブランドに対するエンゲージメントが高くなる傾向がある
 ブランドについて友達に話す傾向が38%高い
 ブランドの購買意向が23%高い
 ブランドの店舗やウェブサイトへの訪問意向が29%高い
 ブランドに関する検索意向が28%高い
 ブランドへの好意変動が31%高い

調査サンプル数は540となります。

また、上記以外のすべての調査結果を、以下のURLからご確認いただけます。
https://go.unruly.co/l/50182/2020-11-10/dchwgd

厳選されたプレミアムメディアネットワークを持ち、コネクテッドTVをはじめ多様なデバイスへ動画広告やディスプレイ広告を配信する広告プラットフォームサービスを提供するUnruly日本支社のセールス責任者である中野は、調査結果について次のように述べています。

「日本の消費者は広告付きの無料コネクテッドTVサービスの視聴を好む方向へシフトしており、広告主はこれまで実現の難しかった、パーソナライズされたインパクトのある動画広告を的確なターゲティングで大規模に配信する機会を、今後より多く得る可能性が広がっています。

2020年からTremor International(トレマーインターナショナル)の傘下に加わったことで、Unrulyはこれまでのアウトストリーム動画広告の領域を超え、世界で最も大きな動画広告プラットフォームの1つとなりました。このユニークなポジションで、私たちは新親会社のTremorと共にこれまでにない最先端のコネクテッドTV広告ソリューションを広告主へ提供して参ります。」

なお、本調査の結果をご引用される場合は「Unruly調べ」と、ご記載をお願いいたします。

※1 コネクテッドTVについて
Amazon Fire TV StickやChromecastといったメディアストリーミング端末、TVに組み込まれたOS、ブルーレイ再生機器、ゲーム機、セットトップボックスなどを介し、インターネット接続が可能なTVデバイス全体のことを指します。

■Unruly(アンルーリー)について

Unrulyは、グローバル市場で最先端をいく、動画広告のプラットフォームとして、コネクテッドTV、モバイル、デスクトップまで、様々なスクリーンを横断した広告配信を提供しています。

動画視聴時の表情/感情変動を分析する「EQ調査」や、既存の動画素材にユーザーが操作可能になるインタラクティブ性を追加できる「クリエイティブソリューション」を提供することで、ブランド広告のパフォーマンスを高め、ブランド広告主、配信メディア双方にとって、価値の高い動画広告を提供し続けています。

Unrulyは2020年1月より、動画DSPを提供するTremor International(トレマーインターナショナル)のグループ企業となりました。

2020年11月10日、ブランド動画広告プラットフォームUnruly(ロンドン本社、シンガポール、シドニー、東京などの拠点。)は、LG Electronicsとのグローバルパートナーシップを発表しました。これにより、世界中の広告主がサプライサイドプラットフォーム(SSP)であるUnrulyXを介してスマートTV広告枠にアクセスし購入が可能になります。

LGと、Unrulyの北米における姉妹ブランドである「Tremor Video(トレマービデオ)」との事業提携を拡大したことで、 LG製のすべてのスマートTVとLG Channelsアプリ内の動画枠において、ブランド広告主に向けて独自の広告リーチ、高いビューアビリティの広告枠の提供が可能となりました。

当社の実施した調査によると、消費者の42%が、コロナウイルスの世界的流行以降、コネクテッドTV(CTV)でのコンテンツの視聴に「より多くの時間」を費やしています。加えて、広告視聴したCTVユーザーは製品を購入する可能性は、一般放送TV視聴者と比較して、52%高くなるという結果を得ました。 本提携により、そういった高エンゲージメントの期待できる、CTV視聴者へのリーチをブランド広告主に提供できるようになりました。
※調査結果はこちらよりご確認いただけます。

また、LGはUnrulyのセルフサービス広告プラットフォームを活用して、自社で販売した広告キャンペーンをグローバルに管理および最適化を行います。

LG Electronics Home Entertainment CompanyのwebOS広告ビジネスの責任者であるEdward Lee氏は、次のように述べています。

広告主が最も熱心なオーディエンスにのみ広告リーチし、最も関連性の高い広告体験を提供できるようにするためのUnrulyの継続的な取り組みを称賛しています。また、Unrulyのユニークな感情データとカスタムオーディエンスに支えられて、CTVビジネスを世界規模で成長させることができるようになりました」。

ブランド広告主をブランド毀損から守るブランドセーフ機能と不正防止テクノロジーにより、安全に保護されたUnrulyのオンラインビデオ、ディスプレイ、CTVの広告は、各デバイスのスクリーン間での広告メディア売買を合理化し、インパクトのある高品質なクリエイティブでの広告配信を推進し、パブリッシャー、大手広告主、 消費者へ最高の価値の提供を行います。

Unrulyの最高戦略責任者であるKen Suhは、次のように述べています。

LGと提携してCTV広告をグローバルに拡大できることをうれしく思います。特にコロナウイルスの流行下では、広告主が広告枠の真の価値を認識し、収益を最大化できるよう支援することがこれまで以上に重要になっています。

■Unruly(アンルーリー)について

Unrulyは、世界をリードするビデオ広告プラットフォームの1つです。 サイト運営者は、Unrulyのセルフサービスツール、プレミアムデマンドパートナーとのグローバルな広告購入取引関係、ユーザーフレンドリーな広告フォーマット、専用のサポートチームを提供し、CTV、モバイル、デスクトップ広告など、さまざまな広告配信で収益最大化を支援します。

Unrulyの革新的なテクノロジー、独自のオーディエンスインサイト、クリエイティブソリューションにより、デジタル広告エコシステムに感情分析を提供する先駆者として、ブランド広告主や広告代理店へ、プレミアムでブランドセーフな環境で世界中の消費者へのリーチをシームレスに提供する事を可能にします。

Tremor Internationalグループ(AIM:TRMR)の一部であるUnrulyは、デジタル広告をより良いものに変える使命の元に事業を運営しています。 ブランド広告主及び代理店主導の評議会であるU7(※1)は、デジタルマーケティングの未来を形作るために定期的に会合を持行い、WFA(※2)の責任あるメディアのためのグローバルアライアンスの創設メンバーです。

※1:U7は、ネスレ、ユニリーバ、ディアジオ、サムスン、アメリカンエキスプレス、ロレアル、GSK、ウォールストリートジャーナル、マーズなど、世界最大の10の広告主で構成されています。U7の目的は、広告主との対話を行い、広告主がデジタルマーケティングの未来を形作る上で積極的な役割を果たすことができるようにすることです。詳細はURLをご確認ください。https://unruly.co/news/article/2018/10/03/unruly-launches-the-u7/

※2:WFAは、マーケターの共通の利益を代表する唯一のグローバル組織です。 この組織に属する企業による世界のマーケティングコミュニケーション支出は、全体の90%に達しています。WFAは、60以上の市場でより効果的で持続可能なマーケティングコミュニケーションを推進する世界最大のブランド所有者と全国的な広告主協会を結び付け、地域レベルで数万のブランドを結集している組織です。詳細はURLをご確認ください。https://wfanet.org/